当事者だけで解決

キーボード操作する手

離婚問題で弁護士などへ相談する人が増えてきています。相談も以前よし行い易くなっており、メールであれば24時間対応可能でなところもあります。また、第三者へ相談を行なっても良いです。

Read more

役立つ弁護士

会議室

交通事故で当事者同士の示談で片付けようとすることはやめたほうが良いです。なぜなら、問題が起きやすいからです。交通事故の事で困ったら、最終的に助けとなるのが弁護士によるサポートです。

Read more

会社精算の術

成功した男性

会社清算において、借り入れが多すぎるとの疑いがある際、特別清算という方法に切り換える必要があります。また、代表者や関連の会社からの借り入れがある際には、借り入れの放棄による免除益を計上するなどの方法もあります。

Read more

代理して続きを行なう

メモ帳と電卓

会社の解散をしない限り、会社清算の登記手続きをすることができません。そういった登記手続きを依頼人に代わって代理することができるのは司法書士だけです。そのため、依頼をしましょう。

Read more

相談する

書類を持つビジネスマン

相続税を払わなければならない人が増える

相続についての揉め事を取り扱った映画やドラマがありましたが、一般庶民にとっては関係の無い世界と思われていました。バブルで土地価格が急上昇をした当時は土地所有者が相続税の対象になりましたが、一過性の出来事でした。今年から相続税が見直され、実質的に増税となります。今までは払わなくても良かった層では支払う対象となるケースが想定されています。諸外国ではこの種の税金が無いところもありますが、日本は相続税が重い国に入ります。今から気になる人は弁護士などの専門家に相談をすることが大事です。弁護士の中には今まで扱ったことがない人もいますので、経験のある弁護士を探したうえで相談をするようにしなければなりません。専門性の問われる案件です。

弁護士だけが相談相手ではありません

日本は財政赤字が世界で一番深刻な状況です。大幅に歳入を増やす必要があるので、今後とも相続税については常に頭に入れておく必要があります。日本の大家族主義は戦後崩壊してしまいましたので、相続の問題でもめるようになっています。遺産分割の相談が弁護士に持ち込まれるようになっています。現在は子供の数も減ってきているので、今後相続でのトラブルが増加するとは思えませんが、万一の場合に備えて財産の多い人は家族のためにもきちんとした対応を取っておくことが必要です。弁護士に相談をして遺書を残しておくことが一番効果があります。弁護士費用はかかりますが、揉めた後の方が費用はかかります。遺書については公証人役場で公正証書にすることも出来ます。