代理して続きを行なう | 相続の問題なら法律のプロである弁護士に相談|ぱぱっと解決パパカイ

代理して続きを行なう

メモ帳と電卓

会社清算の手続きについて

会社清算を行う前にしなければならないことがあります。それは、会社の解散です。会社の解散をしない限り、会社清算の登記手続きをすることができません。ですから、まずは株主総会で会社の解散を決議する必要があります。それらの手続きが終了して以降、会社清算を行うことができるのです。したがって、会社の解散手続きを行う必要があります。また、会社の解散に関しても商業登記が必要となります。そのことに十分留意して、会社清算手続きに関するスケジュールを組むようにしてください。会社清算登記を始めとする商業登記に関する事項は、司法書士に依頼することが得策です。会社のあるエリアで活動している司法書士に相談すると良いでしょう。

司法書士の選び方について

司法書士は士業の中で唯一、登記に関する代行業務を行うことができます。登記手続きを依頼人に代わって代理することができるのは司法書士だけです。同じ法律職であっても、弁護士や行政書士は登記に関する代理手続きを行う事はできません。依頼者に代わって登記手続きを行う事は司法書士のみに許されています。それでは、どのようにして司法書士を選べばよいのでしょうか。まずは、会社が所在している地域で活動している司法書士を探してください。最近では、インターネット上にホームページを開設している司法書士が多くなりました。個人で活動している場合でもホームページを持っている場合がありますので、まずはインターネットで検索してみると良いでしょう。