会社精算の術 | 相続の問題なら法律のプロである弁護士に相談|ぱぱっと解決パパカイ

会社精算の術

成功した男性

借り入れの超過を回避する手段

会社清算において、借り入れが多すぎるとの疑いがある際、特別清算という方法に切り換える必要があります。そのため会社の代表者が、債務超過を防ぐための工夫がいります。その方法とは、持っている資産を時価以上で購入するものです。また、代表者や関連の会社からの借り入れがある際には、借り入れの放棄による免除益を計上するなどの方法もあります。 しかし、繰越欠損金があるケースでは、借り入れの免除益による税金の負担問題は発生しません。しかし、繰越欠損金がないケースでは、借り入れの免除益の計上時期を会社清算後に行うなどの措置が必要になります。 このように、会社の解散前後における課税方式の違いを利用する配慮が不可欠になります。

行政書士に会社清算を依頼する際の相場

会社清算を行政書士に依頼する場合、解散登記におよそ3万円前後が必要です。また清算人選任登記には、1万円前後かかります。そして清算結了登記にかかる登録免許税の相場は、およそ2000円です。 行政書士事務所では、会社清算の手続きをすべてサポートすることも多いです。費用は、行政書士事務所への手数料として、8万円前後が必要になります。それと登録免許税として4万円前後かかります。 サポート内容は、会社の解散、清算登記に必要となる書類の作成です。また法務局への登記申請を、行政書士が代行してくれます。代行してもらうことで、面倒な書類の作成や、法務局に行く時間や手間を省けます。 ちなみに費用を低く抑えたい場合は、自分でできる清算手続きキットも販売しています。